アジア タイ 素人の一人たび

クラビのライレイビーチにある秘境プリンセスレイク(ラグーン)の道のりが激しい!けど絶景が待っていた!

広告

はいさーい。

今回紹介するのはタイ南部ライレイビーチにある観光客がまだあまり訪れていない秘境、プリンセスレイクです。とても神秘的なためここのラグーンのことを地元の人たちはプリンセスレイクと呼んでいるのです。

なぜ観光客が少ないの?

クラビに来たら間違いなく行ってもらいたいのがここプリンセスレイクです。観光客も少ないし途中で見れる景色も最高で、何よりアドベンチャー感覚で最初から最後まで楽しめるのでアドレナリン出っぱなしです!

しかし、なぜこんな神秘的な場所なのに観光客が少ないかと言うと、、、

単純に道のりが過酷だからです。

小さな子供連れなどのファミリーはちょっと厳しいかもしれないです。プリンセスレイクに行くためには、まず岩山の頂上まで、どろっどろの粘土質の土に覆われた断崖絶壁を地元の人が適当に付けたであろういつ千切れてもおかしくないロープをつたって登り、そこから雨風によって浸食されて出来た穴に降りていくというルートを通らなければならないのです。

しかもロープも泥まみれでヌルヌルしているので、誤って手元を滑らせたら確実にゴツゴツした岩どもに打ちつけられてにます。

しかしそんなところでもプリンセスレイクは行く価値があるのです!

プリンセスレイクまでの行き方

プリンセスレイクまでの行き方ですが、アオナンビーチからロングテールボート(8人乗り用くらい)に乗ってライレイビーチまで行きます。





所要時間は10分程度片道100バーツで行けます。100バーツ以上の値段を言われた場合は値段交渉の余地ありです。人によっては定員がいっぱいにならないと出発しない!と言ってくる場合もあるようです。

ボートから見える景色も最高なので、1分たりとも退屈になることはないでしょう!

バーやホテルが建ち並ぶライレイビーチ到着後は歩いてプラナンビーチまで内陸地を抜けます。10分ほどでプラナンビーチには到着です。

プラナンビーチ付近ではマングローブも見れました!

プラナンビーチはクラビの中では断然海が綺麗です。しかも白浜があるのでゆっくりくつろげます。

そしてロッククライミングの聖地でもあります!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

プリンセスレイクまでの道のりは命がけ!

頂上までの道のりは冗談抜きで過酷です。

初っ端からこのような急な斜面をロープを使って登ったり下ったりしていきます。

しかもこの土めちゃくちゃ滑ります!ちなみにロープも泥だらけでヌルンヌルンです。まじで気をつけないと落ちます。

そして落ちたら死ねます。

なのでみんなキャーキャー言って進んでいきます。

実はかなり楽しい。笑

しかも途中には絶景ポイントなんかもあります!

それがこちら

両サイドに海が別れているなんとも不思議な絶景を拝めます。

この日はちょっと曇ってたんですけど、晴れた日はもっときれいなはず!


このビューポイントを過ぎたらひたすらまた登って下っての繰り返しです。笑

終いにはボロッボロのハシゴなんかも出てきちゃったりします。

これハシゴがボロいので二重で補強してるみたいですが、2つともボロボロっす。意味ないっす。足掛ける段が無いとこあるっす。

けどこのハシゴを降りたところにラグーンはあるのです。

ついに到着!

ハシゴを降りるとラグーンにご対面です。

それがこれだ!

写真じゃ上手く伝わらない!笑

とにかく凄い。周りは岩に囲まれて、上からは陽射しが降りそそぎ、静まり返ったラグーンからは鳥のさえずりが聞こえてくる。

まさに神秘的な場所です!

ほんと写真じゃうまく伝わらないのが残念です。

けど行けば凄さが分かります!

水深は腰辺りまでありました。

あまり奥の方怖くて行けなかったんですけど、勇気のある方は行ってみてください。笑

時期によって水深は変わるみたいですよ。

帰路はもちろん同じ道!

しっかりリラックスしたあとはもちろん同じ道を戻っていきます。笑

これが現実です。

帰るまでが遠足です。気を緩めないように。どっかのお兄さん滑ってました。(血だらけ)

なかなかガイドに載って無い穴場なのでクラビに来た際はぜひ行ってみてください!



ちなみにこんなちょっと有名な神社もありますよ。

広告

-アジア, タイ, 素人の一人たび
-,

© 2022 自称イケメン勘違い元看護師野郎の海外旅ブログ