その他 素人の一人たび

海外キャッシングするなら絶対セディナカード!手数料が一番抑えれる!

広告

はいさーい。今タイのクラビを満喫中なんですけど、昨日パパイヤサラダを注文して50バーツ払おうと思ったら逆に50バーツ貰ったしゅうでーす!たぶん店員さん100バーツをすでに受け取ったと勘違いしてお釣りをくれたと思われ。

何はともあれラッキーでした。

で、今回紹介するのは海外旅行をした時にかなり役立つセディナクレジットカードです。ネットで繰り越し返済が出来たり、ATM手数料とクレジット手数料が全く掛からないので特に長期で海外に行かれる方は持っておいた方が良いと思います。


では早速セディナのクレジットカードについて説明していきましょう!

ネットで繰り越し返済が可能!

まずセディナカードのメリットとして、海外でキャッシングをした外貨の返済をインターネットですることが可能なのです。ほとんどのクレジットカードはネットでの返済に対応しておらず電話のみとなっています。電話のみですと、せっかく繰り上げ返済で手数料を安くさせようとしても国際電話代が掛かってしまい結局安くならない事が大半です。

このネットでの返済には、Pay-easy(ペイジー)というシステムを利用して三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行などのネットバンクを利用しキャッシングしてからすぐに返済が可能です。そのため利息ができるだけ抑えることができます。(ゆうちょ銀行をお持ちの方はゆうちょダイレクトを登録しておく必要があります)

キャッシングの手数料が一切かからない

普通海外キャッシングは現地ATM手数料、クレジットカード手数料の二重の手数料が掛かりますが、セディナカードの場合はこの2つの手数料が掛からないようになっています。この二つが掛からないクレジットカードは珍しく、こまめに引き出すことが出来るので大変助かります。


特に東南アジアのタイなどは一回のATM手数料が200バーツ(650円くらい)なので、これが無料になるのは大きいですよね。

ネット返済はキャッシングしてから3日後くらい

ネット返済はキャッシングしてすぐに行うことはできません。大体3日ほど経ってからできるようになります。キャッシング利息が年18%なので、18%÷365日=0.049%です。1万円分引き出したと計算すると、1日4.9円の利息が掛かります。3日で14.7円で30日経っても147円です。

手数料など掛からないのでこの利息分だけで大丈夫です。そして無駄な日本円を持ち運ばなくてもいいのでより安全です。

そしてペイジーの払い方も非常に簡単なので、ぜひ海外に行かれる方はセディナカードを作っておくことをおススメします!


広告

-その他, 素人の一人たび
-,

© 2022 自称イケメン勘違い元看護師野郎の海外旅ブログ