ヨーロッパ 素人の一人たび

コロナ禍で旅をしたいと周りに言いにくいあなた。ヨーロッパに入れば簡単にヨーロッパ中を旅行できる!

広告

ピンチはチャンス ヨーロッパがお得

このコロナ禍皆さんどのようにお過ごしでしょうか。

特にバックパッカーやこれから世界中を旅しようとしていてコロナのせいで断念せざるを得なくなった皆さん、なかなか周りの友人や家族に”旅に行ってくる!” なんて言えないですよね。

たとえ入国可能な国があってそこへ行くことが違法で無いにしても”このご時世に旅なんて!”とか言ってくる人はたくさんいると思います。

けどですね裏を返せばこのご時世だからこそ旅をするチャンスなのです。その理由はいくつかあります。

まず1つ目の理由としては安く行けるという事です。

現在旅行者が激減していることによってフライトチケットや宿泊施設の値段がかなり安くなっています。北半球だと今は夏なので普段のヨーロッパでは絶頂の繁忙期となり、全ての物がめちゃくちゃ高くなってしまいます。

なので世界中を旅行している基本毎日節約して10円単位を値切り交渉している金欠バックパッカーには夏のヨーロッパを楽しむことは不可能なのです。

で す が!

今年は違いました。

なんと

多くのヨーロッパの宿泊代が閑散期の価格となっているのです!こんな事は普段ありえません。

しかも宿泊代も多くのヨーロッパで閑散期価格となっていました。

普段の夏のイギリスなんて富裕層の日本人が避暑地として行くような感じなのですから、金欠バックパッカーからすればまさに夢のようなチャンスなのです!

2つ目のメリットとしては、観光名所が並ばずに見れるという事です。

ヨーロッパの事で言えばほとんどのお店や場所がすでに再開しているので、コロナ禍によって行けなくなってしまっている有名どころはあまり無いと思います。

観光名所ってやっぱり皆行ってみたいところですよね。それ故に人が多すぎてゆっくり回って観れなかったり、写真を撮ろうとしてもどうしても人が映り込んでしまうなどのトラブルは頻繁に聞きます。

それが今の時期では見事に解消されるのです。

やっぱり人気の場所をゆっくりストレスなく観て回れて、綺麗な写真を撮れるというのは間違いなく良い思い出になると思います。

最後の3つ目は治安が良くなっているという事です。

これは普段旅行者をターゲットとしたスリ集団やギャング、客引きたちが活発に活動しなくなっているからです。

やはり今まで彼らの収入源であった旅行者が減った事で、彼らも収入方法を変えてるみたいです。

しつこい客引きもかなり減少しているので本当にストレスなく純粋に旅行を楽しむことが出来ると思います。

僕もしつこい客引きたちのせいで何度その国が嫌いになりそうだったことか。

一般の人たちはすごくいい人たちで、料理も美味しいし自然も綺麗なのに、そのしつこい客引き達だけのせいでその国の印象ってのが変わってしまう事はあります。

なので今は安全に旅行できるチャンスでもあるのです!

ヨーロッパはかなり自由になってきている

なかなか日本にいる時に海外旅行したいって言えないですよね。

もし言っちゃったりなんかしたら

帰って来るな!

自己中!

みんなはやりたい事我慢してるのに!

コロナ治まるまで普通行かないでしょ!

なーんて事を言ってくる人がいるかもしれません!

言わなくても心の中で思ってる人はたくさんいるかもしれません。

けどですね、今行きたかったら周りの意見は二の次にして自分の考えを優先するべきなんです。

他人の意見なんて全員一致することなんてほぼ無い訳だし、もしその意見を全部聞いてから決断しようとするととんでもない時間が掛かるどころか結局意見をまとめれず決断できないという事になりかねません。

無駄に時間を使ってしまうくらいだったら、多少情報不足の自分の意見を優先した方がはるかに効率は良いと思います。

そしてヨーロッパに行ってみて下さい。

大体の国でほぼ全てのお店はやってるし、マスクも日本ほど強制的に着けないといけないという事も無いのでコロナに対する危険意識は日本と比べてはるかに低いと思います。

その背景にはすでにワクチン接種を終わらせている人が多くいるという事も関係あるのかもしれません。

それと僕の友人などですでに感染したという人が10人程いるのですが全員症状が軽症で治まっていました。

ここで言う友人の軽症とは

  • 感染から数日後に熱が出て数日で治まる
  • その後、咳や鼻水が出る
  • 嗅覚が消失した人もいて、回復に数週間かかる
  • 息苦しさは終始ない
  • 咳は1週間ほど続く
  • 一回目のワクチンを打っても罹った人もいた

とこんな感じで、すでにかかっている人も沢山いてほとんどの場合が軽症で済んでいるので日本ほど深刻にとらえている人は少ないのかもしれません。

要はヨーロッパへ行きさえすれば旅は可能なのです。周りの日本人の顔色を気にすることなど無くなります。

そして日本出国する前あなたの脳裏にあった旅に対する否定的な意見も海外に行って数日も経てばすっかり忘れてます!

ベルギーは到着後の自主隔離なし

行くと決まれば、行き先を決めなければいけません。ヨーロッパ行きの話をしますと、日本から行く際は国によってPCR検査が必要なかったり、到着後の隔離が無かったりします。

ただ目的地がPCR検査の必要ない国だったとしても乗り換えする国でPCR陰性証明書の提示を求められることがあるかもしれません。

ですので自主隔離のないベルギーに渡航するのが良いかと思われます。

ついた初日から普通に観光できるは大きいですよね。

もし隔離のある国だったら、”スーパーに行きたいけど大丈夫かなぁ”

とか

”警察みたいな人が登録先の宿泊場所まで来るのかそれとも電話してくるのか”

とか

余計な事をいろいろ考えてしまいますよね。

ですのでまずは到着後の隔離がない国を選んでもらうと旅がスムースに行くと思います。

ヨーロッパなので隣の国までバスや電車で行けます。Flixbusは格安で国境を越えれるのとちゃんとWi-Fiやコンセントもあるのでおススメです。

ココがおすすめ

ちなみにバスや電車で国境をまたぐ場合はIDチェックはありません

他に僕が知ってる情報でポーランドは入国後は基本10日間の自主隔離期間がありますが、隔離期間中に誰かが登録した住所に確認しに来るとか電話をかけてくるという事はありません。

国によって入国の際に規制があったりするものの厳密に取り締まっていない国があるのも事実です。

その辺をうまく利用すればコロナ禍でも旅がスムースに行くと思います。

ワクチン接種を完了させて旅にでるべし

最後になんですが、渡航する前は必ずワクチン接種を完了させておいた方がいいです。

理由としてはワクチン接種を完了させることでその証明書を発行してもらえます。そして渡航先の国々でその証明書を提示することで、渡航前のPCR検査が必要無くなったり、隔離期間が免除になるという特典があるからです。

これからいろんな国を周ろうと思っているのであればワクチン接種の証明書を取得しておくことを強くお勧めします。

今後は世界中で旅に出る人が増えてくると思われるので、一足先に旅に出て人が少ない内に有名な観光名所など回るのも悪くないと思います。

ただ気を抜いているとコロナなんてすぐ掛かってしまいますので、しっかり保険に入っておくようにしましょう!

思い出に残る旅にしてくださいね。

広告

-ヨーロッパ, 素人の一人たび

© 2022 自称イケメン勘違い元看護師野郎の海外旅ブログ